スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コケ退治

水槽の苔が掃除してもしつこく生えてくるんでフネアマ貝を投入しました
こいつはすごいです
もりもり食べます
ブルドーザーが通ったあとみたいに苔が無くなっていきます



去年ウパを買っていたお店で注文したのですがこのお店は日淡の専門店で魚も飼ってみたいなっていう話をしたら色々教えてもらえました
それでおすすめの魚の本と底砂も一緒に注文しました

買ったのは川魚飼育のすべてという本です
まだパラパラめくっただけでちゃんと読んでないので感想はないです
0321002.jpg

この底砂は大磯砂より赤系の砂が多く色も暗い感じがします
粒が細かく柔らかくてドジョウが潜った跡が綺麗に残るんだそうです
それも見てみたいのでドジョウも飼おうかなって思ってます
あ、左が大磯砂で右が今回買った砂です
0321003.jpg

最近のうちのウパ達です
0321004.jpg

0321005.jpg

この水槽のウパ達はあまり大きくなりません
0321006.jpg

0321007.jpg

リューシは黒いシミが広がってきています
0321008.jpg

手が戻って来ました
再生にエネルギーを使ってその分成長が遅いのかもしれません
0321009.jpg

大人ウパ水槽のアルビノです
0321013.jpg

頭だけツボの下に潜って隠れてるつもりのマーブルです
0321015.jpg

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

はじめまして。

はじめまして。

fuu-rinと申します。

多頭飼い飼育は、色んな姿が観れて楽しそうですね。
(難しいことも、おありになる事と思います)

「津軽」ですか?
ということは、リバースケッチさんでしょうか?

使った感想を是非、ブログで拝見させてください。

またお邪魔します。

Re: fuu-rinさん

そうです。リバースケッチさんです。
ウパも金魚もここで買ってます。

珍しいタイプのウパもたまに入ってくるみたいですが今年はwebに載せる前に
一人の方が全部買っていったらしいです。

「津軽」を使うのはまだ飼う魚決めてないんでもう少し先になると思いますけど
その時はブログに感想載せますね!

度々すみません

もりぞーさんも、リバースケッチさんから
ウパさん達をお迎えなさっているのですか?

わたしも以前にフネアマ貝とザリガニを購入しました。

「どじょう」と「津軽」の記事は楽しみにしています!

事後承諾で申し訳ございませんが、
リンクさせて頂きました。

宜しくお願いします。

Re: fuu-rin さん

初めてウパを買ったのがこのお店でその時の子がアルビノのたろちゃんです。

尻尾が曲がっているということで安く出ていたのですが商品ページに画像がなくて
問い合わせをしたらすぐ写真載せますねと言って親切に対応して貰えたのがきっかけで
ここのお店を利用するようになりました。

リンク歓迎です。また見に来てください。

はじめまして。

ブログ読ませて頂きました。たくさん飼っていらっしゃるんですね。
しかし、前の記事の獣医さんは、まったく両生類の事を分かっていらっしゃらないようで残念です。水カビと粘膜の違いも分からないようでは、適切は治療が出来るワケも無いですね。基本的に、水カビは生きている細胞には生えないので、ウパのように角質やウロコ(いずれも皮膚細胞が死んで角質化したものです)の無い生き物は、そこが壊死しない限り水カビは生えません。しかも砂食べて食欲が無くなるなんて(笑)
専門化されている人間の医師と違って、獣医さんはとんでもなく広範囲の生き物を診なきゃならないので大変なのは分かりますが、自身がなければ正直にそう言ってくれたらと思うんですけどね。
死んでしまったウパの状態を見る限り(と言っても情報が少なすぎですが)、なんらかの原因による免疫力の低下によって、細菌感染症を起したと思われます。例えれば風邪をこじらしてしまったって感じでしょうか。丸まってしまった尻尾と身体全体を覆っている粘膜の異常分泌から、そう思ったのですが。しかし、細菌感染症というのは、ウパでは大変珍しいんです。で、免疫力低下の原因ですが、変わった色柄のウパが多い事から、近親交配による遺伝子異常の可能性があると思われます。つまり生まれながらにして異常を抱えてしまっていると言う事ですね。こればかりは育て方でどうなるものではありませんから、仕方無いと諦めざるを得ないと思います。

Re: Tosh@99H さん

ブログ拝見させてもらってます!コメント頂けるなんて有難いです。

獣医=すべての動物の専門家ではないですもんね。

こっちの質問に対して本当かなっていう回答も結構あったんですけど自分に知識が無いことと向こうが専門家だという認識でいたので信じていました。

でも衰弱したのが遺伝子の異常が原因だったとしたら手の施しようはなかったんですね。

普段と様子がちょっと違うなと感じてから死んでしまうまでに1週間くらいはあったのでその間になにか手を打っていれば助かったのかなって後悔の気持ちもありました。

自分の場合は60cmの水槽に5匹飼ったりウパにとっては窮屈だろう人間のわがままに付き合って貰ってたりするんですが愛情は持って育てているので出来るだけ寿命を全うさせてあげたいです。
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。